連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

どうやって里親になるの

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
仲がいい斎藤さん一家。先月はハロウィーンパーティーを開いて楽しんだ=斎藤直巨さん提供
仲がいい斎藤さん一家。先月はハロウィーンパーティーを開いて楽しんだ=斎藤直巨さん提供

 虐待などで親元で暮らせない子どもたちが、児童養護施設や乳児院ではなく家庭で暮らせるように、国は里親委託を推進している。里親って誰でもなれるの? なるにはどうすればいいの? 素朴な疑問を取材した。

 ●実子が後押し

 「家族みんなでカルタをしている時が楽しい」。3歳の時に斎藤家=東京都内=の里子になった小5のけいさん(11)=仮名=は、はにかんだ笑顔を浮かべた。一緒に遊んでいた小6の次女(11)は「妹や友達みたい」と笑う。ふざけ合う2人の様子を、里親の直巨(なおみ)さん(42)はほほ笑みながら見守る。

 斎藤家は、会社を経営する夫(51)と高2の長女、次女、義母、けいさん、直巨さんの6人家族。里親になったきっかけは、長女の出産後、子どもを流産で失った経験だ。直巨さんは「生きていれば抱きしめてあげられる。せめて親と暮らせず悲しんでいる子どもを抱きしめてあげたかった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1744文字(全文2132文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集