メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康狂想曲

第3章・データヘルス/1 「血糖値最悪都市」見えた

兵庫県姫路市の「オーシャンカフェ」で、「スペシャルモーニング」をおいしそうに食べる同市の男性(40)=左。昼食もこの後、しっかり食べるという。健康状態は良好だ。右は通常のモーニングを食べる妻(30)。女性で「スペジャル」を食べる人も多いという=姫路市飾磨区今在家で、2017年11月5日、斎藤義彦撮影

 ●対策立案の材料に

 ナポリタン、空揚げ、フライドポテト、地元名物のアーモンドバターのトースト……。カロリーが高そうな料理が大皿に所狭しと乗る。兵庫県南西部、姫路市の「オーシャンカフェ」(竹原孝嗣オーナー)の「スペシャルモーニング」だ。同市は盛りのいいモーニングが有名だ。この店も“メガ盛り”が人気で、休日には行列ができスペシャルが1日80食は売れる。味は意外に上品で、ついつい平らげたが、後で胃にずしりときた。市内の会社員、古川貴晴さん(48)も毎月必ず来る。「質の高いものをたくさん食べるのが姫路の文化や」。だが、古川さんの健康診断の検査結果には要注意のサインが並び血糖値は高い。「楽しく、おいしく」と気にしていない。

 姫路市は、兵庫県が今年3月、40~74歳の約55万人分の健康診断ビッグデータをまとめた「特定健診デ…

この記事は有料記事です。

残り2008文字(全文2369文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  5. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです