メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブックウオッチング

『こわいもの知らずの病理学講義』 仲野徹さん

趣味は浄瑠璃。「午後5時に仕事を切り上げて帰る運動をしてますが、広がりませんな」と仲野徹さん=八木正撮影

 (晶文社・1998円)

病気とぼちぼち付き合って

 大阪大医学部で「病理学総論」を教えている病理学者の仲野徹さん。「病理学」とは病の理(ことわり)、すなわち病気はどうしてできてくるのかについての学問のこと。その講義の内容を「近所のおっちゃんやおばちゃん」にも分かるように解説した。その狙いとは--。【井上志津】

 「細胞ってなに」「遺伝子ってなに」「がんってなに」……。病気とはなにか、人間の体はどういうふうにで…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1100文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです