メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

[超簡単]6つの工程を行うだけ!ブレスレットのベタつき・汚れは丸洗いで解決(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ブレスレットタイプの時計は、猛暑のあとやアウトドアなどで使用すると、細部のゴミ・手垢などがどうしても気になりますよね。そんなときは思い切って丸洗いしてしまいましょう!ブラシと洗剤さえあれば簡単に洗うことができるので、ぜひ試してみてください。

 

皮脂汚れや雑菌類までキレイに除去

ブラシと洗剤を使って洗うと、コマの間やバックル裏などにたまったしつこい汚れや、汗のベタつきなどもキレイに落とせます。ゴールド製はキズがついてしまう危険性がありますが、ステンレススチール製であればゴシゴシ洗いでもOK! まずはブレスレットの着脱法をマスターしてから下の手順で丸洗いを実践してみましょう。

 

いざ、ブラシで丸洗い!

 

①バネ棒は内部に水が侵入すると排出しにくい構造なので、抜き出しておきましょう。

20171114_hayashi_WS_1

 

②ブラシに食器用の中性洗剤を適量(3~4滴程度)垂らし、よく泡立てていきます。

20171114_hayashi_WS_2

 

③まずは表面全体、次に裏面全体をコマと垂直方向にブラッシングを。

20171114_hayashi_WS_3

 

④次に、コマの間をブラッシング。ブラシは角度を変えながら当てていきます。

20171114_hayashi_WS_4

 

⑤ブレス本体が終わったら、バックルやエクステンションなどディテールを洗います。

20171114_hayashi_WS_5

 

⑥水洗いして洗剤成分を落としたら、風通しの良い場所でしっかり乾燥させましょう。

20171114_hayashi_WS_6

 

 

【ココに注意!】

洗浄後はしっかりと洗剤を洗い流し、乾燥させるのがとにかく重要。肌のトラブルやブレスのサビを招く結果にもなってしまいます。また、コマを留めるネジやバネ棒などの部品が落下して紛失する可能性もあるので、洗浄やすすぎを行う際には洗面器やボウルに水を張って行うと安全です。

 

 

【関連記事】
国産の高技術・高品質が詰まった「オリエントスター」世界限定モデルは流行のブリティッシュカラー
時計界に偉大な功績残すユリス・ナルダンの注目ウオッチ「マリーン トルピユール」発売記念キャンペーンを発表
10周年のブレゲ ブティック銀座から世界限定10本のスペシャルモデル発売!
時計の良さは“顔”に出る!多彩なダイアルから自分好みを見極めよう【第1回】
面倒なブレスやベルト交換を一瞬で!大切な時計に使いたい、失敗知らずの秘密道具

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです