メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転

全国初 レベル4の「無人」を実証実験

運転手(左)が運転席から離れ、自動運転で走行するバス=滋賀県東近江市蓼畑町で=2017年11月14日、金子裕次郎撮影

 道の駅「奥永源寺渓流の里」(滋賀県東近江市蓼畑町)を拠点に、国土交通省が実証実験中の自動運転で14日、運転席を無人にした小型バスが公道を走る「レベル4」走行が試みられた。午前8時台と午後1時台の計6便で実施され、指定された区間に到着すると運転手が助手席側に移動。実験車両が道を外れそうになった際に車両を停止させ自動運転のシステムも制御するための非常停止ボタンを手に、無人走行の様子を見守った。

 中山間地域で人や物の流れを確保することを目的に全国13カ所で順次進められている実験の一環で、一般販…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文566文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  4. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  5. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]