メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詐欺

京都の飲食店で「かばん汚れた」と不当要求

 京都市中京区の飲食店で今春以降、中年の男女2人組が観光客を装って来店し、「かばんを置いたら汚れた。弁償金を払え」と言いがかりをつけ、現金をだまし取ろうとする事案が夏までに5件相次いだ。このうち実際に被害を受けたのは3件計約16万円。10月に入って届け出てきた店もあることから、中京署は潜在的な被害はさらに増えるとみて、詐欺事件として捜査している。

 捜査関係者によると、4月中旬、木屋町周辺の飲食店が最初の被害に遭った。その後、同一人物とみられる男女2人組に同じようなクレームで店員が因縁をつけられる例が管内で6月1件、7月2件、8月1件確認された。

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです