メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞

広島市長、授賞式に出席へ

松井一実・広島市長=山田尚弘撮影

 広島市の松井一実市長が、12月10日にノルウェー・オスロで開かれる「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」へのノーベル平和賞授賞式に出席する見通しであることが分かった。主催者のノーベル賞委員会から田上富久・長崎市長とともに招待された。田上市長は出席を検討中。

 松井市長は欧州に出張中だが、「光栄なことで、調整を進めたい」と話しているという。授賞式では広島で被爆したカナダ在住のサーロー節子さん(85)が受賞スピーチをする予定で、松井市長も来賓として見届けることになる。【竹下理子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンビニ ミニストップが全店舗で成人誌の販売を中止へ
  2. 日馬富士暴行 現場の個室に日本人力士も同席
  3. 日馬富士暴行 貴乃花親方、理事長選で思惑…モンゴル報道
  4. 4乳児遺体遺棄 53歳女逮捕「産んですぐバケツに」大阪
  5. 森友問題 8億円下げ「根拠不十分」…会計検査院

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]