メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新名神

鈴鹿トンネルで3台絡む事故 3人死亡、1人軽傷

鈴鹿トンネル

 15日午前6時半ごろ、三重県亀山市安坂山町の新名神高速道路下り線の鈴鹿トンネル内で、軽乗用車や乗用車など3台が絡む事故があり、軽乗用車に乗っていた男性3人が全身を強く打って死亡した。乗用車の1人も軽傷を負った。

 県警高速隊によると、現場は片側3車線で、最も左の走行車線を走行していた軽乗用車が前方の大型トラック(13トン)に追突した。軽乗用車は弾みで道路を横切って右側壁にぶつかり、最も右の追い越し車線で横転した。そこに後方から来た乗用車が衝突した。

 死亡した軽乗用車の3人は10~20代で、いずれも大阪府の清掃会社の従業員とみられ、高速隊が身元の確認を急いでいる。20代男性が運転していたとみられ、ほか2人は助手席、後部席に乗っていた。1人は現場で、2人は搬送先の病院で、死亡が確認された。三重県鈴鹿市で清掃業務を終え、会社に戻る途中だったらしい。

 また、津市の会社員男性(52)が運転する乗用車の助手席にいた妻(49)が首などに軽傷を負った。名古屋市から大阪府吹田市へインスタントコーヒー2トンを運ぶ途中のトラックを運転していた愛知県清須市の会社員男性(46)にけがはなかった。乗用車の男性が「横転した車に衝突した」と110番した。

 現場は三重・滋賀県境の鈴鹿トンネル内の入り口から約800メートルの地点で、ほぼ平たんな直線。事故当時、現場で止まっている別の乗用車も監視カメラに映っており、高速隊が関連を調べている。【山本萌】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
  5. 大阪震度6弱 「水、食料を」買い物客殺到 品切れ相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]