メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相 ロヒンギャ問題「深刻に懸念」

東南アジア諸国連合(ASEAN)と欧州連合(EU)の首脳会議に出席したミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相=14日、ロイター

 【マニラ朝日弘行】安倍晋三首相は14日夕(日本時間同)、マニラでミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相と会談した。首相はミャンマー・ラカイン州の少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の難民化問題について「ラカイン州の状況を深刻に懸念している」と述べ、法に従った治安回復や避難民の帰還を実現するよう求めた。そのうえで「日本政府は、状況改善のための取り組みを最大限、後押しする用意がある」と伝えた。

     これに対し、スーチー氏は、日本からの協力に謝意を示し、「人道支援、道路、電力分野の支援などはラカイン州の平和と安定に資するものだ」と述べた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 貴乃花親方、理事長選で思惑…モンゴル報道
    2. 日馬富士暴行 現場の個室に日本人力士も同席
    3. 座間9遺体 「金目当て」動機に疑問 若い女性説明つかず
    4. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    5. サウジ 拘束中の王子らを虐待か 拷問や自殺未遂情報も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]