メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

所得税改革

基礎控除の拡大検討 低所得層の負担減

所得控除見直しのイメージ

 政府・与党は2018年度の税制改正で、会社員らの給与から一定額を差し引いて税負担を軽くする「給与所得控除」を高所得層を中心に縮小する一方、全ての人に適用される「基礎控除」を拡大する調整に入った。高所得の会社員にとっては増税となるが、企業に属さずに働く個人や低所得層の税負担は軽くなる。18年度税制改正大綱に盛り込むことを目指す。【中島和哉】

 自民党税制調査会(宮沢洋一会長)は14日に非公式幹部会合を開いた。宮沢氏は会合終了後、記者団に対し「(所得税改革の)基本的な構造については共有した」と話し、控除見直しの検討に入る意向を示した。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです