メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ASEAN

「ロヒンギャは敏感な問題」浮き彫りに  

首脳会議の議長声明案で、ほとんど触れられず

 【マニラ西脇真一、福岡静哉、ジャカルタ平野光芳】14日閉幕した東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議で、ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が難民化している問題が取り上げられた。ミャンマーの対応を批判してきたナジブ・マレーシア首相は「4月の首脳会議と違い率直に議論できる。明らかな前進だ」とブログに掲載。ただ、首脳会議の議長声明案ではほとんど触れられず、内政不干渉を原則とし結束を重視するASEANでは、敏感な問題であることを印象づけた。

 ブログによると、ナジブ氏は13日の首脳会議で「世界中がASEANの対応を見守っており、組織としてこ…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1097文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです