メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ASEAN

「ロヒンギャは敏感な問題」浮き彫りに  

首脳会議の議長声明案で、ほとんど触れられず

 【マニラ西脇真一、福岡静哉、ジャカルタ平野光芳】14日閉幕した東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議で、ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が難民化している問題が取り上げられた。ミャンマーの対応を批判してきたナジブ・マレーシア首相は「4月の首脳会議と違い率直に議論できる。明らかな前進だ」とブログに掲載。ただ、首脳会議の議長声明案ではほとんど触れられず、内政不干渉を原則とし結束を重視するASEANでは、敏感な問題であることを印象づけた。

 ブログによると、ナジブ氏は13日の首脳会議で「世界中がASEANの対応を見守っており、組織としてこ…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1097文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]