メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元アイドル

不当契約で事務所提訴 脱退の女性4人

 芸能事務所に不当な専属契約を結ばされたとして、アイドルグループ「虹色fanふぁーれ」を脱退した女性4人が14日、契約が無効であることの確認や賃金計約400万円の支払いなどを求め、東京地裁に提訴した。

 訴えによると、4人は10~20代。2015年7月に芸能事務所「デートピア」(東京都目黒区)と契約を結び、総勢7人のグループのメンバーとして同年10月にデビューした。月平均8回のコンサートに出演するなどしていたが、今年9月に脱退した。

 4人は訴えで、事務所に「月額賃金3万8000円は、レッスン費で相殺される」「契約締結から5年間は辞められず、辞めた後も2年間は芸能活動が禁じられる」との無効な契約を結ばされたと主張。実際に賃金は一切支給されなかったとして、「相殺」されていた2年あまりの賃金を支払うよう求めている。

 提訴後に東京都内で記者会見した原告の1人は「契約時、『努力次第で(相殺されない)歩合給もある』と説明されたが、それももらえなかった。移籍して活動を続けたいのに、自由にできないのはおかしい」と訴えた。【近松仁太郎】

権利保護へ検討

 芸能人と所属事務所の契約を巡るトラブルは、相次いでいる。公正取引委員会は、事務所側が芸能人側に不利な条件を押し付ける実態の有無を調査するなど、権利保護に向けた検討を始めている。

 今回提訴した元アイドル側の河西邦剛弁護士は「アイドル人口の増加に伴い、契約を巡るトラブルも増えている」と指摘する。

 独占禁止法は「優越的な地位」を乱用した不公正な取引を禁じている。公取委は今年8月、事務所と雇用ではない契約を結ぶ芸能人などフリーランス事業者を、同法の適用で保護できないか議論する検討会を設置した。

 公取委の実態調査では、事務所側が、移籍を試みた芸能人について報酬支払いを遅らせたり、業界内でネガティブな情報を流したりした事例が判明している。検討会はこの調査結果も踏まえ、年度内にも具体的な対応策をまとめるという。【近松仁太郎、渡辺暢】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
  2. 湖池屋 ポテチ最大2割増量へ じゃがいも復活感謝祭
  3. 草津白根山噴火 噴石で陸自隊員1人死亡 11人重軽傷
  4. 中国 ヒップホップ禁止 反体制文化を警戒か
  5. クローズアップ2018 草津白根山噴火 気象庁ノーマーク

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]