メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツイッターCEO

安全確保へ実効的対策が必要

質問に答える「ツイッター」共同創業者のジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)=東京都中央区で2017年11月14日午後0時24分、竹内紀臣撮影

 近年、ユーザー数の伸び悩みが指摘される短文投稿サイト「ツイッター」。ここ数年はヘイトスピーチや犯罪利用への批判も強まる。14日、毎日新聞のインタビューに対し、同社共同創業者で最高経営責任者(CEO)のジャック・ドーシー氏は「行程表を作って安全性の改善を進めている」と強調した。だが、ツイッターが重要視する表現の自由を支える「オープンさ」が、ネット上の不適切な情報流通を助長している面は否めない。サービスの価値を守るためにも、利用者の安全確保のための実効的な対策を示す必要がある。

 ツイッターは、2018年1月までに「ヘイトを助長するアカウント名の利用の禁止」「殺害や深刻な身体的被害を及ぼすような暴力を容認したり賛美したりするような内容のツイートの禁止」など順次、改善を進める方針だ。

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  2. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです