メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タクシー器物損壊

30代弁護士を書類送検 北海道警

 タクシー乗車中に暴れて防犯ボードなどを壊したとして、北海道警が札幌弁護士会所属の30代の男性弁護士を器物損壊などの疑いで札幌地検に書類送検したことが14日、分かった。

 捜査関係者などによると、この弁護士は今月6日夜、札幌市中央区の歓楽街・ススキノからタクシーに乗車。目的地までの経路を巡って運転手と口論となり、暴言を吐いたり暴れたりして防犯ボードなど約14万円相当を壊した疑いがあるという。弁護士は乗車料金990円を支払わずにそのまま立ち去った。タクシーの運転手にけがはなかった。

 札幌弁護士会の大川哲也会長は「極めて遺憾。必要な調査を行い、弁護士法の定めに従った厳正な対処をする」とのコメントを出した。【澤俊太郎、源馬のぞみ】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
  2. 湖池屋 ポテチ最大2割増量へ じゃがいも復活感謝祭
  3. 草津白根山噴火 噴石で陸自隊員1人死亡 11人重軽傷
  4. 中国 ヒップホップ禁止 反体制文化を警戒か
  5. クローズアップ2018 草津白根山噴火 気象庁ノーマーク

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]