メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 2017年のミス・インターナショナル世界大会が14日、東京都内で開かれ、インドネシア代表のケビン・リリアナさん(21)が優勝した。

     リリアナさんは「本当に信じられません。夢がかないました。インドネシアの皆さん、やりました」と喜びを語った。

     ミス・インターナショナルは世界の三大ミスコンの一つとされ、57回目の今大会には、69の国と地域のミスが出場した。

     日本代表で東京都出身の会社員、筒井菜月さん(24)は5位で、自国の衣装を最も魅力的に披露した人に贈られる特別賞「ミス・ナショナルコスチューム賞」に輝いた。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. 名古屋・私立高 男子26人、女子装い電子マネー要求 
    3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    4. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も
    5. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]