メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島駅 段ボールデゴイチ展示 実物大で

段ボールで作られたD51型蒸気機関車の実寸大模型=広島市南区のJR広島駅で2017年11月14日、山田尚弘撮影

 デゴイチの愛称で親しまれるD51形蒸気機関車(SL)を段ボールで再現した実物大模型が、JR広島駅(広島市)のコンコースに登場した。展示は20日まで。

 JR西日本広島支社管内の山口線で今月下旬、44年ぶりにD51が復活運転するのを記念し、段ボール工芸家の島英雄さん(68)が製作。全長20メートル、幅3メートル、高さ4メートルあり、計器類も精巧に仕上げた。

 材料は青果市場で使われた中古の段ボール4000個で重さは1.5トン。10時間かけて組み立てた労作で、島さんは「廃材から『復活』したデゴイチも見に来て」。【山田尚弘】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. 名古屋・私立高 男子26人、女子装い電子マネー要求 
  3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  4. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も
  5. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]