メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツイッターCEO

透明性高め安全に「悪用の可能性排除」

単独インタビューに応じるツイッター共同創業者でCEOのジャック・ドーシー氏=東京都中央区で2017年11月14日、竹内紀臣撮影

 短文投稿サイト「ツイッター」創業者の一人で、米国から来日しているジャック・ドーシーCEO=最高経営責任者=(40)が14日、日本法人のツイッタージャパン(東京都中央区)で、毎日新聞の単独インタビューに応じた。神奈川県座間市で男女9人の遺体が見つかった事件で、容疑者がツイッターを使い、自殺をほのめかしていた被害者と接触したことに触れ、「もっとも重要なことはツイッターをより安全にし、悪用の可能性を排除すること。我々にできることはもっとある」と述べ、改善する意向を示した。【和田浩明/外信部、大村健一/統合デジタル取材センター】

 具体的な方法については「答えは一つだけでなく、状況は刻々と変化する」としたが、「ツイッターは開かれたサービス」とも強調した。「他のサービスよりもネガティブな投稿を早く見つけることができる。利用者からの報告を受け、自傷行為をしようとしている人に手を差し伸べたり、助けられる可能性のある専門家などに報告したりするなどの対処ができる」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  2. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです