メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マツダ寮強盗殺人 21歳元社員、起訴内容否認 広島地裁

 広島市南区の自動車メーカー・マツダの社員寮で昨年9月、同僚男性を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われた元社員で無職、上川傑(すぐる)被告(21)=愛媛県松野町=に対する裁判員裁判の初公判が14日、広島地裁(丹羽芳徳裁判長)であった。上川被告は「殺すつもりも現金を奪うつもりもなかった」と起訴内容を否認し、弁護側は傷害致死罪と窃盗罪にとどまると主張した。判決は12月6日に言い渡される。

     起訴状などによると、上川被告は昨年9月14日、社員の菅野恭平さん(当時19歳)の頭部や背中を消火器で殴るなどして殺害し、現金約120万円を奪ったとされる。

     検察側は冒頭陳述で、現金は事件当日に菅野さんが市内数カ所の現金自動受払機(ATM)などから引き出しており、上川被告が出金を指示したと主張。「金欲しさから短絡的に事件に及んだ」とし、強い殺意で頭などを殴ったと主張した。

     弁護側は「交際相手の悪口を言われ、暴行した。菅野さんが大金を所持していたとは知らず、殴った後に気付いて金を取った」と反論した。【東久保逸夫】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. 名古屋・私立高 男子26人、女子装い電子マネー要求 
    3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    4. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も
    5. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]