メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核のごみ意見交換会

謝礼金約束し動員 NUMO委託業者

記者会見した原子力環境整備機構の中村稔専務理事(左)と宮澤宏之理事=東京都港区で11月14日午後9時50分ごろ、片平知宏撮影

 原子力発電環境整備機構(NUMO)は14日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向け、経済産業省との共催で6日にさいたま市で開いた市民との意見交換会の際、若年層への広報業務を委託した業者が謝礼金などを提供する約束で参加者の一部を動員していたと発表した。実際には謝礼金などは提供されていないという。

     NUMOによると、業者は、現金1万円や1万円相当の物品などを提供する約束で参加者を募集した。交換会には計86人が出席したが、12人がこの勧誘で参加したという。参加者が6人程度に分かれて意見交換をした際、勧誘で参加した男子大学生が「謝礼金があると知人から聞いて参加した」と発言したため発覚した。

     このほか、すでに終了している東京、愛知、大阪、兵庫の各会場でも、同じ業者が各地の大学サークルに5000円相当の物品などの提供と引き換えに参加者募集を依頼し、計27人を集めたという。いずれの場合も物品などの提供はなかったという。NUMOは委託業者に謝礼金などを提供して参加者を動員しないよう指導していたといい、「参加者に発言や質問の依頼は一切していないが、意見交換会の公正性に不信感を招きかねない。委託先の管理が不十分だった」と説明した。

     意見交換会は、経産省が7月に日本地図を地質学的な適否に応じて塗り分けた「科学的特性マップ」を公表したのを受け、10月から始まった。福島県以外の全都道府県で開催する予定。【岡田英】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
    2. イワシ 大量に打ち上げられる 陸奥湾沿岸、寒波の影響?
    3. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
    4. カツオクジラ ぱっくり口開け、立ち泳ぎでじっと餌を待つ
    5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]