メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のノーベル平和賞受賞決定を記念し、12月に授賞式があるノルウェー・オスロで広島や長崎の被爆資料が展示される見通しになった。会場はノーベル平和センターで、展示責任者が15日に来日して広島などで原爆資料館職員らと協議する。

     ノーベル平和センターは授賞式会場のオスロ市庁舎に近く、歴代の平和賞受賞者の功績を伝える施設。ICANの展示は12月から始め、広島や長崎の原爆被害に触れる方針という。

     立命館大国際平和ミュージアム(京都市)を通じて資料展示の打診があった。同ミュージアムは所蔵する広島の爆心地から約500メートルで被爆して亡くなった男子生徒の学生服を貸し出す予定で、広島、長崎の資料館も所蔵品の貸与を検討している。ノーベル平和センターの展示責任者と展示環境などについて話し合った上で、どの資料にするか決める。

     授賞式は12月10日に開かれ、カナダ在住のサーロー節子さん(85)ら被爆者3人も出席する。【竹下理子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. 名古屋・私立高 男子26人、女子装い電子マネー要求 
    3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    4. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も
    5. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]