メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日馬富士暴行 協会危機管理委が調査へ 場所後に本格的に

日馬富士関の事件について説明する春日野広報部長=福岡国際センターで2017年11月14日、矢頭智剛撮影

日馬富士は謝罪し休場 貴乃花親方が被害届提出

 大相撲の東横綱・日馬富士関(33)=伊勢ケ浜部屋、本名ダワーニャム・ビャンバドルジ=が10月下旬の秋巡業中に同じモンゴル出身の東前頭・貴ノ岩関(27)=貴乃花部屋、本名アディヤ・バーサンドルジ=に酒席で暴行し、大けがをさせていたことが14日、分かった。日馬富士関は暴行を認めて謝罪し、九州場所を休場した。貴乃花親方(元横綱)は10月下旬に鳥取県警に被害届を提出した。

 被害届が出たことを受け、鳥取県警が捜査を進めていることが関係者への取材で分かった。県警は傷害容疑などを視野に、事実関係やトラブルの有無などを詳しく調べている。

 日本相撲協会は14日、危機管理委員会(高野利雄委員長=元名古屋高検検事長)での調査を決め、日馬富士関と貴ノ岩関の師匠である伊勢ケ浜(元横綱・旭富士)、貴乃花両親方から事情聴取した。伊勢ケ浜親方は暴行の事実を認めた。巡業部長を務める貴乃花親方は「管理する私にもいたらないところはあった。いち早く究明したい」と話したという。今後、危機管理委員会は日馬富士関から事情を聴くなどして調査を進める。本格的な調査は九州場所後になるという。

 日本相撲協会などによると、日馬富士関は10月下旬に鳥取市内で貴ノ岩関ら複数の若手力士と酒席を開いた。この際、貴ノ岩関の態度に腹を立て、ビール瓶で頭を殴ったという。

 日本相撲協会は今月3日に貴乃花親方と伊勢ケ浜親方に電話で事情を聴いたが、2人とも「分からない」と答えたという。貴ノ岩関は5日から5日間、福岡市内の病院に入院。九州場所は初日から休場し、2日目の13日に頭部骨折などで全治2週間という診断書を提出した。

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は「残念ではあるが、(調査など)やることはきちっとやる」と語った。一方、日馬富士関は14日午前に「大変迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と謝罪した。【佐野優、飯山太郎】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
  3. どうすれば安全安心 夜に何度も目が覚める 1カ月続いたら受診を
  4. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  5. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]