メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

白鵬は3連勝、稀勢の里は連勝 日馬富士が休場に

大相撲九州場所を休場した日馬富士関の取り組みで掲げられた「不戦勝」の垂れ幕=福岡国際センターで2017年11月14日、矢頭智剛撮影

 大相撲九州場所3日目の14日、横綱・白鵬は2日目に日馬富士から金星を挙げた貴景勝を退けて3連勝。稀勢の里は千代大龍を降して白星が先行した。大関・高安は小結・阿武咲に辛勝し、豪栄道は栃煌山に快勝した。横綱・日馬富士が「左尺骨神経痛などで全治6週間」、平幕の碧山が「右足関節捻挫(靱帯=じんたい=損傷)で約1カ月の治療を要する」と診断されて休場した。

 2日目に続いて3日目も21年ぶりの大入りとなった。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東芝 サザエさん降板決定 NY繁華街の広告も打ち切り 
  2. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
  3. ORICON NEWS 和田正人&吉木りさが結婚発表 “いい夫婦の日”に婚姻届提出「笑顔のたえない家庭を」
  4. 熊本市議 議場に赤ちゃん「子育て女性も活躍できる場に」
  5. 日清食品 カップそば自主回収

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]