青少年読書感想文全国コンクール

県審査会で36点入賞 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
読書感想文全国コンクールの県審査会で、熱心に意見を交わす審査員=山形市松波2の山形大付属中で
読書感想文全国コンクールの県審査会で、熱心に意見を交わす審査員=山形市松波2の山形大付属中で

 第63回青少年読書感想文全国コンクール(全国学校図書館協議会、毎日新聞社主催)の県審査会が15日、山形市の山形大付属中学で開かれ、小学校低・中・高学年、中学校、高校の各部門から入賞作品36点を選んだ。各部門の最優秀作品計10点は、県代表として中央審査に進み、選考結果は来年2月に毎日新聞などで発表する。

 指定された本を読んで感想を書く「課題読書」と、自由に選んだ本で書く「自由読書」の2種類に、応募は小学校2万2617点▽中学校1万4478点▽高校2万32点--の計5万7127点。

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1418文字)

あわせて読みたい

ニュース特集