メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かながわ・キャンパる

学食めぐり 関東学院大 横浜・金沢八景 老舗中華の味、気軽に 「重慶飯店」プロデュース /神奈川

重慶厨房の店内。席数は100席あり、平日の昼食時はいつも満席になるという

 関東学院大学横浜・金沢八景キャンパス(横浜市金沢区)には四つの学生食堂に加え、今年4月、横浜中華街の老舗「重慶飯店」がプロデュースした「重慶厨房(ちゅうぼう)」がオープンした。横浜への関心を高め愛着を持ってもらうとともに、若い世代には少し敷居の高い重慶飯店の味を気軽に楽しめるようにするためだ。(横浜国立大学・足立冬馬、井手千夏、横浜市立大学・渡辺愛梨)

 9号館にある「オリーブ」の注目の一品は「三崎鮪(まぐろ)づけ丼」(みそ汁付き、670円)だ。三浦市の三崎漁港にあるマグロ専門店から取り寄せたマグロを使い、酸味を抑えた酢飯に大きめに刻んだ三浦ダイコンが混ぜられている。「ボリュームを出しつつヘルシーに」「食感を楽しみながら野菜を食べられるように」という、佐藤幹男料理長(62)のアイデアだ。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです