メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018

「ラ・フォル・ジュルネ」終了 独自の音楽祭、来年誕生 「独立」決断、ノウハウ生かす 大津 /滋賀

独自の音楽祭の開催について話し合う推進委員ら=大津市のびわ湖ホールで、北出昭撮影

 びわ湖ホール(大津市)がゴールデンウイークのイベントとして定着させてきた「ラ・フォル・ジュルネびわ湖『熱狂の日』音楽祭」を今年で終え、来年から沼尻竜典芸術監督がプロデュースする「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭」として開催することを決めた。山中隆館長が15日、ラ・フォル・ジュルネ推進委員会で発表。開催経費が増大する一方、独自に音楽祭を開く企画・運営力がスタッフに育ったと説明した。【北出昭】

 ラ・フォル・ジュルネは優れたクラシック音楽を低料金で気軽に楽しんでもらおうと1995年にフランス・…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文668文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです