メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

モトコーの日常、切り絵で表現 26日まで /兵庫

モトコーの日常を切り絵で生き生きと表現した竹内明久さん=神戸市中央区で、望月靖祥撮影

 JR元町-神戸間(神戸市中央区)の元町高架通商店街(通称モトコー)の日常をモチーフにした切り絵作品展が、モトコー2番街内のプラネットEartH(アース)で開かれている。店先でダンスを踊る男性、立ち飲み屋で接客する女性店主など、モトコーに生きる人たちの姿や風景を生き生きと描いた27点が展示されている。26日まで。

 モトコーを拠点にフリーペーパーを発行する「波止場通信社」の竹内明久さん(66)の作品。神戸を地盤に…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文423文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  2. 雑記帳 日本薬科大(埼玉県伊奈町)は、人気ラーメン店「麺屋武蔵」と共同開発した…
  3. イスラムが見る現代科学 神と火星と進化論/1 UAE、2117年移住計画 宇宙の断食、どうする?
  4. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  5. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]