メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

モトコーの日常、切り絵で表現 26日まで /兵庫

モトコーの日常を切り絵で生き生きと表現した竹内明久さん=神戸市中央区で、望月靖祥撮影

 JR元町-神戸間(神戸市中央区)の元町高架通商店街(通称モトコー)の日常をモチーフにした切り絵作品展が、モトコー2番街内のプラネットEartH(アース)で開かれている。店先でダンスを踊る男性、立ち飲み屋で接客する女性店主など、モトコーに生きる人たちの姿や風景を生き生きと描いた27点が展示されている。26日まで。

 モトコーを拠点にフリーペーパーを発行する「波止場通信社」の竹内明久さん(66)の作品。神戸を地盤に…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文423文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです