メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

モトコーの日常、切り絵で表現 26日まで /兵庫

モトコーの日常を切り絵で生き生きと表現した竹内明久さん=神戸市中央区で、望月靖祥撮影

 JR元町-神戸間(神戸市中央区)の元町高架通商店街(通称モトコー)の日常をモチーフにした切り絵作品展が、モトコー2番街内のプラネットEartH(アース)で開かれている。店先でダンスを踊る男性、立ち飲み屋で接客する女性店主など、モトコーに生きる人たちの姿や風景を生き生きと描いた27点が展示されている。26日まで。

 モトコーを拠点にフリーペーパーを発行する「波止場通信社」の竹内明久さん(66)の作品。神戸を地盤に…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文423文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. アメフット 悪質タックル、日大選手の会見始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]