メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 雪組「ひかりふる路」「SUPER VOYAGER!-希望の海へ-」 波瀾万丈の半生描く /兵庫

フランス革命の終焉を生きた革命家マクシミリアン・ロベスピエール(望海風斗)=宝塚大劇場で

 宝塚歌劇団雪組が宝塚大劇場でミュージカル「ひかりふる路(みち)」(作・演出、生田大和)を上演している。18世紀末のフランスを舞台に、フランス革命の中心人物の一人、革命家マクシミリアン・ロベスピエールの波瀾(はらん)万丈の半生を通じ、人類の歩むべき“路”を問いかける歴史ミュージカルになっている。【文・小寺裕子、写真・山田哲也】

 フランスは共和国となり、1793年に国王ルイ16世は処刑された。フランスを新しい時代へと導いたロベ…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです