メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ

クーデターか 軍、大統領を自宅軟禁

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ南部ジンバブエの首都ハラレで14日夜から15日未明、国軍兵士が国営放送局を占拠した。AFP通信などによると、市内各所に装甲車両が展開、複数回の爆発音が聞かれた。世界最高齢の国家首脳であるムガベ大統領(93)が自身の後継問題で第1副大統領を解任したことに軍が反発し、事実上のクーデターに踏み切ったとみられる。

 国軍報道官がその後、テレビ放送で声明を読み上げ「大統領周辺の犯罪者」を標的とした行動だと説明した。市内のムガベ氏の自宅周辺で銃撃戦が起きたとの情報もあるが「大統領とその家族は安全だ」という。隣国・南アフリカのズマ大統領は15日に声明で、ムガベ氏と話したと述べ「自宅軟禁状態だが無事」と伝えられたと明かした。ズマ氏はまた、南ア国防相らをジンバブエに派遣し、ムガベ氏や国軍と事態収束に向け協議させる考え…

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです