メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

匿名空間の「自助」「共助」=武田徹

 神奈川県座間市で9人の遺体が発見された事件では、「死にたい」という趣旨の投稿をした女性たちが「自殺募集」などと書き込んでいた容疑者とツイッターで知り合い、被害にあったと報じられている。

 事件後、ツイッターの規制を求める声が強くなっている。確かに自殺勧奨の書き込み等には対応が必要だろう。だが、取り調べを受けた容疑者が「会ってみると本当に死にたいと思っている人はいなかった」と述べたと報道されていたことには留意したい。

 ツイッターは身分を伏せてアカウント取得が可能なので、実名では周囲の目がはばかられる内容も書き込める。本気で自殺する気は少なくとも今はないが、日々感じている生きづらさを「死にたい」と表現してみることも匿名だから可能なことの一つだったのだろう。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文958文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです