メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

沖縄の戦没者遺骨 収集と遺族返還の加速を=熊谷豪(医療福祉部)

見つかった遺骨を調べる沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」の具志堅隆松さん=沖縄県糸満市で9月19日、熊谷豪撮影

 戦後72年となる今も、戦没者の遺骨収集が時折話題になることに、疑問を感じている人もいるだろう。しかし、厚生労働省によると、海外(沖縄県、硫黄島を含む)で亡くなった日本人戦没者240万人のうち、まだ半数近い113万人分の遺骨を収集できていない。高齢化した遺族の思いに応えるため、収集と返還を急ぐのはもちろんのこと、遺骨から歴史を掘り起こし、私たち自らが戦争を学び、次世代へ語り継ぐためにも遺骨収集は必要なことだ。

 激しい地上戦のあった沖縄。現在も開発地やガマ(自然壕(ごう))を掘ると遺骨が出土する。沖縄戦で動員…

この記事は有料記事です。

残り1798文字(全文2054文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  2. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです