メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

国民の負託と議席数の乖離=福間良明・立命館大産業社会学部教授

 先月の第48回衆議院議員総選挙から、3週間あまりが過ぎた。自民党は衆院過半数ラインを上回る284議席を獲得し、公明党を合わせた与党議席は3分の2を超える313議席に達した。毎日新聞をはじめ各紙でも大きく報じられた。

 だが、個人的には、一連の選挙結果報道にやや引っかかるものもあった。獲得議席数はむろん重要だが、実際の得票数や得票率はどうだったのか。獲得議席数は、与党への国民の支持を直接的に示すものなのか。

 総務省はすでに「衆議院議員総選挙結果調」をネット公開している。それによれば、自民党の小選挙区での得…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文861文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです