メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ

旧宗主国の英「状況が不安定化」 情報収集急ぐ

 【ロンドン矢野純一】アフリカ南部ジンバブエでの政変を巡り、旧宗主国の英国は15日、首都ハラレなどに滞在する英国人に対し、外出を控えて自宅待機するよう呼びかけた。英国は敵対してきたムガベ大統領の動向に関する情報収集を急ぐと共に、ムガベ氏失脚後もにらんだ対応を模索しているとみられる。

 ジョンソン英外相は英BBCに対し「安定した政権移行が重要だ」として、暴力を伴った衝突を回避することを求めた。英外務省は同日、ジンバブエの情勢を、「軍が通常とは異なる動きを見せており、政治状況が不安定化している」と指摘。ジンバブエに滞在する英国人に、不測の事態に備え、自家用車の燃料を常に満タンにして、予備の燃料も用意しておくように呼びかけた。

 欧州連合(EU)は同日、声明で治安部隊の動向に懸念を示し、全ての当事者に平和的な対話を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです