メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田日銀を問う

/2 物価目標、発信継続を コロンビア大教授・伊藤隆敏氏

=坂井隆之撮影

 --黒田東彦総裁の下、日銀は2%のインフレターゲットを掲げて大規模金融緩和を行いましたが、今も実現できていません。

 ◆実体経済は回復し、物価も再び上がって来ている。インフレターゲット自体は間違っておらず、掲げたことでここまで来たと言える。2%に達するとメッセージを発し続けることが重要だ。

 --目標達成まで、超低金利政策は続けるべきでしょうか。

 ◆国内総生産や失業率の数字はいいのだから、現状維持のまま賃金や物価が上がってくるのを待つ政策でいい…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです