メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第2回都市セキュリティ・セミナー

住民ファーストの安全・安心な街づくり 官民一体で五輪に備え

「2020年に向けた東京の街~サイバー・セキュリティの強化」をテーマに開かれたパネルディスカッション=東京都千代田区で10月10日

 先月10日、東京都千代田区のイイノホールで、「第2回都市セキュリティ・セミナー~住民ファーストの安全・安心な街づくり~」(主催・毎日新聞社)が開かれた。小池百合子東京都知事が「未来に向けた安全・安心なまちづくり」、直近まで英国国際貿易省でサイバーセキュリティーを担当した在日英国大使館のポール・エリス氏が「世界のサイバー・セキュリティの潮流」と題してそれぞれ基調講演した。その後、セキュリティーの専門家によるパネルディスカッションが行われた。【川上晃弘】

 ◆基調講演 未来に向けた安全・安心なまちづくり

この記事は有料記事です。

残り4369文字(全文4621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです