メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康狂想曲

第3章・データヘルス/2 突き動かされた血圧通信簿

フィットネスクラブでエクササイズ「ボディーステップ」に汗を流す久保弓子さん(左)=埼玉県深谷市のJOYFIT深谷で

 ●通知を見て行動へ

 大音響のダンス音楽が鳴り響く埼玉県深谷市のフィットネスクラブ。久保弓子さん(51)が、上半身も動かしながらステップに乗っては下りるエクササイズ「ボディーステップ」に取り組む。ボクササイズと計約2時間汗を流すクラブ通いを週3回にし、運動量を確保している。

 久保さんを突き動かすのは、勤務先の自動車部品大手ボッシュの健康保険組合(約1万7000人加入)から送られてくる「健康サポート便」だ。健診の検査数値が所属事業所の同じ年齢層に比べどの位置にあるのか、一目でわかる散布図「みんなと比べて私は…あなたの健康ポジション」が添付されている。久保さんは中性脂肪と血圧、血糖値の指標「ヘモグロビンA1c」で平均値を超えていた。「自分より悪い人はあと何人だ……と危機感を感じた」。さらに「リスクチャート」では、いったん減っていた中性脂肪がリバウンドした経年変化もわかる。生活習慣病が進むと「足の切断、失明、人工透析」のリスクがあることも黒々と目立つように書かれている。久保さんは「運動して何とか健康を維持できそう」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1960文字(全文2425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです