メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・富雄丸山古墳

円墳、実は国内最大110メートル レーザー測定で判明

三次元計測調査で、直径が110メートル前後の可能性が高まった富雄丸山古墳=写真は本社ヘリから久保玲撮影。白線は市が作成した墳丘復元図

 奈良市は15日、同市丸山1の4世紀後半の円墳・富雄丸山(とみおまるやま)古墳が、上空からのレーザーによる三次元計測調査で、直径が110メートル前後となる可能性が高いと発表した。これまで円墳で国内最大とされてきた埼玉県行田市の丸墓山古墳(直径105メートル)を上回る。奈良市教委は来年度にも現場での発掘調査に着手し、規模や詳しい構造を解明する。

 市教委によると、富雄丸山古墳は1972年の奈良県の調査で直径86メートルの2段構造の円墳とされた。82年の追加調査で、祭祀(さいし)などを行う場所と考えられている張り出し部分「造り出し」があることが分かり、直径が102メートル前後だった可能性も指摘されたが、詳細は不明のままだった。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 新型コロナ最多66人の北海道は集団感染も 知事「思い切った対策」外出自粛に踏み込む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです