メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・富雄丸山古墳

円墳で最大 直径110メートル、張り出し確認

奈良市が上空から実施したレーザーによる三次元計測調査で、直径が110メートル前後の可能性が高まった富雄丸山古墳。確定すれば国内最大の円墳となる(白線は市が作製した墳丘復元図)=奈良市丸山1で2017年11月15日午後、本社ヘリから久保玲撮影

 奈良市は15日、同市丸山1の4世紀後半の円墳・富雄丸山(とみおまるやま)古墳が、上空からのレーザーによる三次元計測調査で、直径が110メートル前後となる可能性が高いと発表した。これまで円墳で国内最大とされてきた埼玉県行田市の丸墓山古墳(直径105メートル)を上回る。奈良市教委は来年度にも発掘調査に着手し、規模や詳しい構造を解明する。(1面に写真)

 市教委によると、富雄丸山古墳は1972年の奈良県の調査で直径86メートルの2段構造の円墳とされた。…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1009文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]