覚醒剤

依存抑制物質を解明 治療薬開発へ光 富山大

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
TMEM168が覚せい剤依存を抑制することを突き止めた新田淳美教授(右)ら=富山大で、青山郁子撮影
TMEM168が覚せい剤依存を抑制することを突き止めた新田淳美教授(右)ら=富山大で、青山郁子撮影

 富山大大学院の新田淳美教授(薬物治療学)らの研究グループは先月、体内にあるたんぱく質の一種「TMEM168」が、覚醒剤依存を抑制する働きがあることを突き止めたと発表した。治療薬開発につながる可能性があり、イギリスの学術誌に掲載された。

 グループは生理機能が不明だった「TMEM168」に着目。マウス…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

あわせて読みたい

ニュース特集