メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覚醒剤

依存抑制物質を解明 治療薬開発へ光 富山大

TMEM168が覚せい剤依存を抑制することを突き止めた新田淳美教授(右)ら=富山大で、青山郁子撮影

 富山大大学院の新田淳美教授(薬物治療学)らの研究グループは先月、体内にあるたんぱく質の一種「TMEM168」が、覚醒剤依存を抑制する働きがあることを突き止めたと発表した。治療薬開発につながる可能性があり、イギリスの学術誌に掲載された。

 グループは生理機能が不明だった「TMEM168」に着目。マウス…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 中堅メーカーの万年係長…
  2. 写真、職歴、家族、出身校・・・ 辺野古反対派市民の情報ズラリ
  3. 質問なるほドリ 恵方巻き、なぜ大量廃棄? 「在庫なし」恐れ過剰発注 消費者意識も課題=回答・田口雅士
  4. 一気飲み死 遺族が近大生を告訴「介抱役ら119番せず」
  5. 「コナン」に注文殺到 フィギュア出荷10万体突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです