メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

誘導路

視覚障害者と開発 凹凸なく設置簡単 世界も注目

愛媛県立中央病院の眼科に設置されている「歩導くん ガイドウェイ」。診察室までの誘導路となっている=花澤葵撮影

 通行する全ての人のための誘導路へ-。松山市保免上のプロダクトデザイン会社「リプルエフェクト」の山田敬宏社長(44)がデザインを手がけた視覚障がい者の歩行誘導ソフトマット「歩導くん ガイドウェイ」が、ドイツの国際的デザイン賞を受賞するなど注目を集めている。凹凸がなく、設置が簡単なことなどが特徴。全国の自治体や福祉施設などにも広がっており、山田社長は「誰のバリアーにもならないものとして、世界的に普及してほしい」と願っている。【花澤葵】

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1105文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仮面ライダーゼロワン 山寺宏一がナレーション 日高のり子がAIの音声担当
  2. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  5. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです