侍ジャパン

16日韓国戦 先発、薮田に託す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 野球の国際大会「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は16日、東京ドームで開幕し、日本代表「侍ジャパン」と韓国が対戦する。先発投手は日本が薮田(広島)、韓国が張現植と発表された。15日は台湾を含めた出場3チームの監督が記者会見し、就任後、初の国際試合に臨む日本の稲葉篤紀監督は「両チームとも打撃がいい。守りの野球をやりながら、どうやって点を取っていくかということをやっていく」と抱負を語った。

 薮田は今季、セ・リーグ2位の15勝と飛躍を遂げた。稲葉監督は「この中で一番いい投手だと思っている。しっかり自分の投球をしてほしい」と期待する。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文727文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集