メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シベリア

絶滅ホラアナライオンの子3頭、凍ったまま発見

 ロシア科学アカデミーや東京慈恵会医科大など日露の研究チームは15日、ロシア・シベリア東部サハ共和国の永久凍土から2015年以降、約1万年前に絶滅したホラアナライオンの子3頭が凍った状態で見つかったと発表した。このうち15年に見つかった2頭は生後間もないきょうだいであることも体の特徴などから判明した。

 ホラアナライオンは、洞窟にすんでいた原始的なライオン。シベリアや欧州などに分布していたと考えられている。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです