メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シベリア

絶滅ホラアナライオンの子3頭、凍ったまま発見

サハ共和国の永久凍土 日露の研究チームが15年以降に

 ロシア科学アカデミーや東京慈恵会医科大など日露の研究チームは15日、ロシア・シベリア東部サハ共和国の永久凍土から2015年以降、約1万年前に絶滅したホラアナライオンの子3頭が凍った状態で見つかったと発表した。このうち15年に見つかった2頭は生後間もないきょうだいであることも体の特徴などから判明した。

     ホラアナライオンは、洞窟にすんでいた原始的なライオン。シベリアや欧州などに分布していたと考えられている。

     今年9月に見つかった子は体長47.5センチ、重さ4.6キロで、見つけた農民の名から「ボリス」と名付けられた。顔や両足、黒い模様の毛皮などがほぼ完全に残っていた。死んだ年代は分かっていない。15年に見つかった2頭は生後1カ月未満と見られ、発見地近くの川の名にちなみ「ウヤン」「ディーナ」と名付けられた。このうち良好な状態で残っていたウヤンは体長41センチ、重さ約2.8キロ。約5万年前のものだと分かった。3頭とも性別は不明。

     絶滅した大型肉食獣が凍った状態でほぼ完全な形のまま見つかるのは珍しく、生態などの解明に役立つという。

     東京都港区のロシア大使館で記者会見した鈴木直樹・東京慈恵会医科大教授は「これほどよい状態で見つかったのは驚きで、タイムマシンで当時に戻ったような情報が得られる。これから詳細な調査をしたい」と述べた。【酒造唯】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです