メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府

虚偽のローン契約締結 ダイビングスクールを公表

府消費者保護条例に基づいた是正勧告に従わず

 大阪府は15日、大阪市大正区のスキューバダイビングスクールが入会希望者を消費者金融まで車で送迎し、虚偽のローン契約を結ばせて講習代を借りさせていたと発表した。府消費者保護条例に基づき是正勧告をしたが従わなかったため、スクールの運営会社「海翔(かいしょう)」(同区)を条例に基づき公表した。2009年以降、府内だけで71件の相談が寄せられ、200万円超を借りた人もいるという。

 同社は経営するダイビングショップ「Rusty Perican」(同区)にスクールを設置している。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです