メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

米サッカー連盟、W杯出場権を逃した常連国を集めマッチメイク?

情報提供:サッカーキング

イタリア代表の敗退は多くのサッカーファンにとっても驚きの結果となった [写真]=Getty Images
 アメリカサッカー連盟(USSF)が、2018 FIFAワールドカップ ロシアへの出場権を得られなかった強豪国を集め、マッチメイクを検討していると大手メディア『ESPN』が15日に報じた。

 同メディアによると、USSFが、メジャーリーグ・サッカー(MLS)とパートナーシップ協力を得ている『サッカー・ユナイテッド・マーケティング』社の協力の下、W杯本大会への出場権を逃した国々を集めて試合を開催することを検討しているという。トーナメント形式になるのか、テストマッチの形になるのかはまだ定かではないが、自国アメリカを含め、イタリア、オランダ、ガーナ、チリといった“W杯出場権を逃した常連国”を呼び集めて試合を開催することになると報じられている。

 また、報道によるとこの試合は、ロシアW杯本大会の直前に計画されているとの情報も。W杯への出場がならなかった強豪国だけでなく、本大会に向けて準備を進める出場国もコンディション調整の場として参加するとの見方も出ている。

【関連記事】
●ロシアW杯出場32カ国が出揃う…日本は6大会連続6回目、初出場は2カ国
●ロシアW杯抽選会、日本はポット4に…ポット2にはW杯優勝3カ国が入る
●デ・ロッシ、W杯予選敗退後に勝者スウェーデンのチームバスへ…その理由は?
●カズW杯メンバー落選から19年…1998年フランスW杯出場22人の現在
●もっとも有名なアスリート100人…1位はC・ロナウド、ランクインした日本人は?

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです