メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

水族館プロデューサー・中村元さん 制約乗り越えれば、新たな世界が開ける

「魅了する水族館」づくりを後進たちに教えている。彼らの作った水族館を巡るのが引退後の夢だ=東京都豊島区のサンシャイン水族館で2017年10月25日、小出洋平撮影

 すいーっ、すいーっ。

 目の前にそびえる高層マンションの間を縫うようにペンギンが泳ぎ回る。本物の空を飛び交っているかのようだ。一瞬、自分がどこにいるのか忘れてしまう。なんとも不思議な感覚。

 「ペンギンも気持ちよさそうでしょう」。「水族館の再生請負人」がニヤリとした。

 リニューアルを手がけたサンシャイン水族館(東京都豊島区)の「天空のペンギン」コーナーは、7月のオープン以来、大人気。休日ともなればカップルや親子連れで大にぎわいだ。

 日本で初めてのフリー水族館プロデューサーとして、新江ノ島水族館、北の大地の水族館(北海道北見市)な…

この記事は有料記事です。

残り1571文字(全文1837文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです