連載

週刊テレビ評

報道やドラマ、バラエティーまで5人の識者がテレビを読み解きます。

連載一覧

週刊テレビ評

武田鉄矢版「水戸黄門」 「王子様系 助さん格さん」の時代=ペリー荻野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 快調に東北で世直し旅を続ける武田鉄矢版「水戸黄門」ご一行。毎回、黄門様が「鶏鳴狗盗(けいめいくとう)」などと四文字熟語を使って説教したり、初回には「金八先生」シリーズで息子役だった佐野泰臣が無念の死を遂げる若侍役で、金八先生を泣かせた不良中学生役だった直江喜一が一行の旅立ちを見送る農民役でゲスト出演したりするなど、金八人脈も全開。この勢いで1980年代から何度も「水戸黄門」の出演歴がある金八ファミリーの三原じゅん子もくノ一で出演したりして?と勝手に思っていたが、先日、くノ一役で篠田麻里子がレギュラーに。入浴シーンもあるということで注目されている。三原くノ一は夢で終わった……って、夢を見るほどだったのか、私?

 そんな中、気になるのが、性格が正反対の助さん、格さんの存在だ。助さんこと佐々木助三郎(財木琢磨)は正義感が強く熱血漢だが、畑仕事を手伝ったりするのが嫌で老公を「くそじじい」呼ばわりするなど、口は悪いわ、態度もでかいわ。女の子が大好きで、茶店で竹ちくわの穴をのぞいてかわいい子を探したりする始末。ちょっと「うっかり八兵衛」も入っている?ニュー助さん像を出している。一方、堅物の格さんこと渥美格之進(荒…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文1080文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集