メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

日馬富士関暴行問題 貴ノ岩関の診断書2通、内容異なる 県警提出に骨折なし

 大相撲の横綱・日馬富士関(33)が巡業中の鳥取市内で前頭・貴ノ岩関(27)に暴行した問題で、貴ノ岩関のけがの状態について、日本相撲協会と鳥取県警に提出された診断書の内容が異なることが17日、捜査関係者への取材で分かった。協会に対する診断書には頭部骨折などで全治2週間とあるが、別の病院が暴行直後に作成したとみられる県警への診断書には骨折の記載がなかった。県警は記載が異なる経緯を確認し、けがの状況などを詳しく調べる。

 日馬富士関は10月25日、鳥取市内の飲食店で同じモンゴル出身の力士らと酒席を開催。貴ノ岩関の態度に激高し、暴行を加えたとされる。貴ノ岩関は翌26日の巡業「鳥取場所」に参加し、29日に師匠の貴乃花親方が県警に被害届を提出。その際、病院で作成された診断書も提供されたという。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 被害者に落ち度はない 性暴力撲滅のための教育を

  3. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです