メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP23

温暖化対策 「米抜き」結束腐心 欧州中心に推進決意

地球温暖化対策を巡る経緯

 【ボン五十嵐和大、八田浩輔】ドイツのボンで開催中の国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)は15日から終盤の閣僚級会合に入った。この日、フランスのマクロン大統領は「米政府抜き」の地球温暖化対策を、欧州諸国を中心に行う意向を表明。一方で、前半の事務レベル協議では、温暖化対策を巡って、途上国が先進国をけん制する「南北対立」が再燃。米トランプ政権が2020年以降の新たな枠組み「パリ協定」からの離脱を決めた“副作用”とみる向きもあり、本来の議題であるパリ協定のルール作りの加速に向け、歩み寄りを図っている。

 「欧州が米国の代わりとなる。1ユーロたりとも不足させない」。ボンで開催中の国連気候変動枠組み条約第…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1843文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです