メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

東京ごみストーリー/10止 偏見を越えた「誇り」

園児たちにごみの話をする「ふれあい指導班」のメンバー=東京都杉並区で2017年9月5日午前11時10分、成田有佳撮影

 <document>

 人が生活する上で生み出されるごみは、臭くて汚い。そこに職業差別が生まれた。

 東京23区の収集作業員を都が一括採用していた時代。自宅から遠い勤務地に配属する慣習があった。近隣に職業を知られると、いわれのない差別や偏見に家族が巻き込まれるのではないか、子どもがいじめられるのではないか。そんな不安があった。家族にさえ仕事の内容を隠し続けた人がいた。事務職を装って背広姿で出勤し、定年を迎えた人がいた。

 採用が区ごとになり20年弱。時代は変わったかに見える。だが、回収への不満から清掃事務所に来た男性が…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです