メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ

日馬富士関問題の相関図

 大相撲の横綱・日馬富士関(33)=伊勢ケ浜部屋=が10月の秋巡業中に鳥取市内で前頭・貴ノ岩関(27)=貴乃花部屋=に暴行した問題は、発生から約3週間がたちながら、なお混迷を深めている。16日には現場に同席していた横綱・白鵬関(32)が、日馬富士関が貴ノ岩関をビール瓶で殴打したとされていたことを否定。また、貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方(元横綱)の対応にも不可解な点が多い。事実はどこにあるのか。鳥取県警は帰京した日馬富士関から17日にも事情聴取する方針を固めた。【飯山太郎、村社拓信】

この記事は有料記事です。

残り1704文字(全文1946文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 「3歩で回れる3県境」整備 埼玉、栃木、群馬
  2. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  3. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述
  4. 将棋 藤井六段、棋王戦予選決勝へ 今年度負けなし3連勝
  5. はしか 流行、沖縄厳戒「乳児や未接種妊婦、来県延期を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]