メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ

日馬富士関問題の相関図

 大相撲の横綱・日馬富士関(33)=伊勢ケ浜部屋=が10月の秋巡業中に鳥取市内で前頭・貴ノ岩関(27)=貴乃花部屋=に暴行した問題は、発生から約3週間がたちながら、なお混迷を深めている。16日には現場に同席していた横綱・白鵬関(32)が、日馬富士関が貴ノ岩関をビール瓶で殴打したとされていたことを否定。また、貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方(元横綱)の対応にも不可解な点が多い。事実はどこにあるのか。鳥取県警は帰京した日馬富士関から17日にも事情聴取する方針を固めた。【飯山太郎、村社拓信】

この記事は有料記事です。

残り1704文字(全文1946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです