メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ

日馬富士関問題の相関図

 大相撲の横綱・日馬富士関(33)=伊勢ケ浜部屋=が10月の秋巡業中に鳥取市内で前頭・貴ノ岩関(27)=貴乃花部屋=に暴行した問題は、発生から約3週間がたちながら、なお混迷を深めている。16日には現場に同席していた横綱・白鵬関(32)が、日馬富士関が貴ノ岩関をビール瓶で殴打したとされていたことを否定。また、貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方(元横綱)の対応にも不可解な点が多い。事実はどこにあるのか。鳥取県警は帰京した日馬富士関から17日にも事情聴取する方針を固めた。【飯山太郎、村社拓信】

 白鵬関は16日、九州場所開催中の福岡市・福岡国際センターで、取組後に口を開いた。「ビール瓶では殴ってない。馬乗りの事実もない。報道とは、ずれがある」

 事件は鳥取市に入った10月25日夜から26日未明にかけて開かれたモンゴル出身力士たちの懇親会で起きた。複数の日本相撲協会関係者によれば、出席者は白鵬関、日馬富士関、鶴竜関の3横綱をはじめ、少数の日本人力士を含めた十数人。市内のちゃんこ料理店での1次会の後、場所を高級ラウンジに移した2次会で、日馬富士関が貴ノ岩関の態度に立腹し暴力を振るったとされる。関係者によれば「貴ノ岩がアイスピックで反撃しよう…

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです