メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト

ルクソール事件20年 テロとの戦い、やまず 新たな過激派、活発化

事件から20年が経過したエジプト南部ルクソールのハトシェプスト女王葬祭殿=2017年9月1日、エジプト南部ルクソールで篠田航一撮影

 エジプト南部ルクソールで1997年11月17日、日本人10人を含む62人が殺害されたテロ事件から20年を迎える。実行したイスラム原理主義組織「イスラム集団」は穏健化したとされるが、エジプトでは新たな過激派が活発化。テロとの戦いが終息する気配はない。【ルクソール(エジプト南部)で篠田航一】

 ルクソールのナイル川西岸に位置する約3500年前の古代遺跡・ハトシェプスト女王葬祭殿。「イスラム集団」が無差別発砲した現場だ。容疑者6人は現場付近で射殺された。

 「あの日は葬祭殿入り口近くにいた。叫びながら逃げてくる人たちに驚き、必死で逃げた」。当時、欧米人観…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1164文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 大阪府警 手帳示し「捜査だ」JRに不正乗車の巡査長処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです