メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト

ルクソール事件20年 テロとの戦い、やまず 新たな過激派、活発化

事件から20年が経過したエジプト南部ルクソールのハトシェプスト女王葬祭殿=2017年9月1日、エジプト南部ルクソールで篠田航一撮影

 エジプト南部ルクソールで1997年11月17日、日本人10人を含む62人が殺害されたテロ事件から20年を迎える。実行したイスラム原理主義組織「イスラム集団」は穏健化したとされるが、エジプトでは新たな過激派が活発化。テロとの戦いが終息する気配はない。【ルクソール(エジプト南部)で篠田航一】

 ルクソールのナイル川西岸に位置する約3500年前の古代遺跡・ハトシェプスト女王葬祭殿。「イスラム集団」が無差別発砲した現場だ。容疑者6人は現場付近で射殺された。

 「あの日は葬祭殿入り口近くにいた。叫びながら逃げてくる人たちに驚き、必死で逃げた」。当時、欧米人観…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです